探偵が教える浮気をしている旦那の不義・密通の行動パターンとは

皆さん、旦那さんのここがおかしい、ここが変わった、何か変だと思ったこと1度はあるんじゃないですか?浮気してるかもと思っても確かめようがないので難しいと思います。今回はそんな場合の旦那さんスマホに関するの行動をお教えしようと思います。

① 今まで掛けていなかったロックがかかる

これはよく言われることですが要注意のパターンです。ロックを掛ける=中を見られたくないと考えられるため、旦那さんは中に見られてはいけないものを抱えている可能性があります。それが浮気の証拠(浮気相手との連絡等)であることも十分に考えるため、疑った方がいいかもしれません。

② スマホを片時も離さない

これはよるあるパターンですが浮気の可能性を秘めているパターンでもあります。お風呂に入るときにも持って入りに行く、トイレに入るときも大小関係なく持っていく、こんなことありませんか?もし浮気しているとしたら着信があった時にすぐ返せるように、そして着信した時の画面を見せたくないはずです。こんな行動が目立ってきたら疑った方がいいかもしれません。

③ 何度も同じ名前から連絡が来る

わかりにくいかも知れませんがこれも可能性がある行動パターンです。同じ名前が何度も来ると言うことは②の行動をしないように登録名を変えて見られてもいいようにしている可能性があります。見られても仕事先の人や大学時代の友人など言い訳はたくさんあります。もしやたら同じ人から連絡が来るようなら疑った方がいいかも知れません。

○まとめ

① 今まで掛けていなかったロックがかかる

② スマホを片時も離さない

③ 何度も同じ名前から連絡が来る

今回はスマホに関する旦那さんの行動を3つお伝えしましたがいかがだったでしょうか?浮気をしている時の行動は些細なところに現れます。もしその可能性があるならば日常の何でもない行動に注目してみるといいかもしれません。

より素行調査に関して詳し情報を知りたい方は以下をチェキ!
素行調査で何が解る?調査内容と費用、おすすめ探偵社


不審な行動を調査してもらったところ浮気が判明、離婚?慰謝料?裁判?

夫の浮気が分かった際、次に思い浮かぶのが、離婚かと思います。もちろん、許せない気持ちがいっぱいで、すぐにでも離婚したいと思う事自体は、間違いない考えかとも思います。

しかし、ここでは、少し冷静になってみては、いかがでしょうか?夫の浮気が原因で離婚する場合、慰謝料の請求を行う事が可能です。そして、その為には、できるだけ、確実な浮気の証拠が必要になってくる場合も考えられるのです。特に、相手が浮気を認めず、裁判までもつれ込んだ場合は、特に決定的な証拠が必要になってきます。その為、まずは、離婚したいと言う気持ちを少しは押さえ、証拠固めをしておく事をお勧めします。

興信所などを利用して、浮気調査をしたもらったのならば、報告書をもらっている事と思います。それでも、証拠として不安がある場合は、それを弁護士に持っていき、証拠として扱う事ができるか、初めに確認しておいてもらうと安心です。そこで、証拠として取り扱う事ができると言われれば、安心して、それを証拠に離婚を切り出し、慰謝料の請求を行う事ができると思います。

また、浮気の場合、相手の女性にも慰謝料の請求を行う事が出来る事をご存知でしょうか?もし、相手の女性からも慰謝料請求を行いたいと思う際は、その旨を弁護士に伝え、請求してもらうと良いかと思います。

このように、夫の浮気が原因で離婚する場合は、とにかく、急ぐのではなく、まずは、証拠固めを行い、十分に準備を行ったうえで、離婚の話を切り出す事をお勧めします。


妻がPTA仲間と不倫をしているかも知れない。興信所に行くべきか?

自分の妻がまさか、浮気をしている?

そんな疑いを持ちたくないと思いたいのですが、いつも家を留守がちになっているこの頃。

こんなと時には、興信所に行くべきか?

「PTAのメンバーと打ち合わせがあるから。」

と言って、いつも出かけていますが、他の知り合いに聞いてみたことがあった時に、そんな会合があった事実がありませんでした。

そうなると、

「やはり、誰かと浮気してるかな。」

と疑いたくなります。

思い切って、興信所に相談してみました。

スタッフのヒアリングで自分の家庭や妻の生活実態を素直に話して、どんな人間関係があるのかを話しして、早速、調査をすることになりました。

興信所のスタッフの方々の調査は実に丁寧で、妻に気づかれずに、彼女の行動を調査してくれました。

予想はしていたものの、やはり写真を見せられると、辛くとも現実をキチンと受け止めなければなりません。

相手はPTA仲間です。

渡守面識のある人でしたが、とても優しく女性にモテるタイプのPTA副会長。

その人がやはり浮気相手です。

興信所の人からは

「冷静に対処してくださいね。」

説明を受けた後も、ゆっくりと静かにそのように言われて、全てのことを教えられ自分では驚く程に冷静に受け止めることができました。

しかし、問題はこれからです。

相手と妻を相手取って、慰謝料を請求するか、裁判を留守を起こすかを考えなければならないのか。

それとも、妻と浮気相手に、この証拠を突きつけて、静かに事を収めるかは自分で考えなければなりません。

何れにしても現実を知るために、興信所にお世話になりました。


夫の浮気発覚後にとるべき行動、証拠集め、弁護士相談と慰謝料の話を

奥さんが探偵などに夫の不審な行動を調査すると浮気が発覚してしまう事もあります。そういう場合に考える必要があるのが離婚、慰謝料、裁判になってきます。

もし離婚したくないというのであれば、夫に浮気について詳しく聞いてすぐに相手とは別れてもらって今後しないように警告する必要があります。

また、証拠があれば結婚相手から浮気による精神的苦痛の慰謝料を請求する事ができます。離婚をしない場合は、慰謝料の額が少なくなってしまう事が多いですけど、慰謝料を請求したい人はその手続きをしていきます。

また、どうしても離婚したい場合は、夫と相談して離婚の手続きと慰謝料の請求をしていきます。浮気の場合は、相手が浮気を認めないケースも多いです。そこで、裁判になってしまう可能性があります。そういう場合は、弁護士に相談して、裁判のフォローをしてもらうようにします。

離婚したい場合は、浮気の証拠が必要になってきます。ですので、きちんと夫に浮気を問い詰める前に、証拠を集めておくというのが大事です。浮気の証拠がなければ慰謝料も請求できないですし、離婚においても困難になってしまう事があります。

もちろん、離婚する場合でも夫だけでなくて、浮気相手からも慰謝料をとる事ができます。

このように、浮気をされたら奥さんがしていく事はいくつかありますけど、問題をきちんと解決するためには、スムーズに行動していくようにします。それがあなたのためでもあります。


夫の怪しい行動、まさか浮気?一人で悩まずまず興信所へ相談しよう

みなさんの中にもこれまでに夫の怪しい行動に浮気を疑った事がある人も多いと思います。

ですがそういう場面があっても多くの方はまさか自分の夫が浮気を本当にしているとは思いたくないという気持ちですぐに行動を起こせないでずっと悩んでいるかと思います。

ですが、そういう方もずっと悩んでいても仕方ないので夫が浮気をしている疑いがあるならすぐに興信所に相談される事をおすすめします。

それで簡単に多くの人は興信所に相談して良かったと感じると思います。それはどうしてかというと、興信所に相談すれば簡単に夫が浮気をしているかどうか分かるようになるからです。

なぜなら、興信所なら個人では調べる事ができないような事もプロのノウハウで調べる事が可能になるからです。

ですから、これまでに色々夫に不審な点があるにもかかわらずその状態を放置してきたという人はぜひ一度興信所に相談される事をおすすめします。

それで興信所は本当に夫が浮気をしているか調べて後日その結果を教えてくれます。

それでただの思い過ごしならそれはそれで良かったという事になりますし、また万が一本当に夫が浮気をしていた場合は興信所が手に入れた浮気の証拠を見せつけて最終的にどうするか決めると良いと思います。

それで離婚になる事もあるかと思いますが、その時は慰謝料をしっかり請求すれば良いので気持ちを新たに再出発するのが良いです。

また離婚をしないと決めた場合はそれを材料にして今後ずっと夫を服従させるというのもあるかと思います。


ストーカー?浮気?夫の行動が変!興信所に相談してみよう

悩まれる我々の味方、浮気調査は探偵の興信所へ、数ある興信所の中でも其の業務は弱者の味方であり、悩まれる我々の味方でもあります。

色々な悩み事は実は興信所、探偵社が相談を受けているのです。 今は我々には余り関係はないことだと思っている人々も、その後思わぬ事件や不慮の出来事に見舞われることも有り、其のようなことは日常茶飯事のように発生しているのが現状なのです。 

例えば、近頃、夫の行動が可笑しく感じられ、若しかすると他の女と浮気をしているのではないか、などなどご家庭の中においても何時、なにが起きるか、又、実際に起きているのが現実です。 

特に、夫の浮気や妻の不倫といった家庭内の問題や若い女の子へのしつこいストーカー行為など、此のようなことはマスコミなどで日常的に取り上げられ、常態化して起きていることは報道もされていて一般にも知られております。

此のような事例は身近な事ではないように思われるかもしれませんが、実際は毎日のように発生していて、其れに対しても何時、いかなる時に調査をする必要性があるかを認識する必要もあるのです。 此のような問題を解決するためにも信頼できる、そして信頼される確かな興信所や探偵社選びが必要になって来る場合もあります。

ただ、広い意味で解釈すれば探偵社というのは民間人である私立探偵のような業務のことを言いますので、司法や行政機関に準ずる捜査員やスパイのような事はできないことになっているのです。

此のように探偵の浮気調査というのは地味な仕事であり、善良な一般の人達には縁がないようですが、問題が予見された場合は信用できる興信所や探偵社に依頼することが一つの選択であり最善の方法でもあるのです。